髭が濃いのを薄くする方法!ヒゲを抜くのはNGですよ!

髭を薄くする方法

髭が濃いのを薄くする方法についてまとめました。

髭が濃い悩みを解消するためには、髭の永久脱毛や脱毛器や抑毛ローションなどで薄くする、除毛クリームやコンシーラーやファンデーションなどで対策するなど色々な方法がありますが効果はどうなのでしょうか?

髭が元々濃い体質の人は、髭を剃ってもすぐに青くなってしまいがち。

ヒゲが伸びるのが早いと夕方にはジョリジョリしてきたり青ヒゲになってしまいますよね!

そのため1日2回目の髭剃りをしないといけませんが、これを防ぐために髭を抜くのは肌荒れの原因になるのでNGです。

また強く剃ると髭剃り負けの原因で肌がヒリヒリして痛いので、こんな毎日の髭ストレスを解消するために髭が濃いのを薄くする方法をチェックしてみてください。

髭を薄くする方法8選!そのメリットとデメリットとは?

ここでは髭を薄くして、剃った時に青くなるのをなるべく目立たなくする方法をいくつかお伝えしていきます。

メリットとデメリットもそれぞれお伝えするので、自分に合った方法を選んで試して見てください。

髭に抑毛ローションを使ってヒゲを薄くする方法

髭の抑毛ローション

抑毛ローションを使って、髭をだんだん薄くしていく方法ですが、毎日ローションを気になる部分に塗り込むだけなので、簡単に続けることができます。

抑毛ローションには、抑毛成分が含まれているため、髭を生成する毛乳頭や毛母細胞の働きを抑えてくれるのです。

そのため、髭を剃った後に青くなってしまい悩みを持つ男性や、髭が濃くて悩んでいる男性に今人気のある方法です。

髭の抑毛ローションのデメリット

デメリットは、髭が濃い人には効果が出るまでに時間がかかる可能性もあることです。

髭の抑毛ローションのメリット

メリットとしては、手軽に簡単にできるということと、自宅でだんだん髭を薄くすることができる点。

コツコツ続けなければなりませんが、簡単にできるものなのでストレスなく続けることができます。

髭の抑毛ローションのおすすめ

①ゼロファクター5αSPローション

ゼロファクター5αSPローション

濃い髭の発生原因となる、5αリダクターゼを阻害する成分を高配合したゼロファクター「5αSPローション」。

  • 毎朝、髭を剃るのが大変!
  • 肌がカミソリ負けしやすい!
  • 午後には伸びてきて気になる!
とはいうものの脱毛サロンは…という男性に人気のゼロファクター5αSPローション。

痛くもなく、自宅で塗るだけなので簡単に恋髭や青ヒゲの対策ができます。

→ゼロファクターの公式サイトへ

②grow stopper EX

特許を取得したオリジナル成分を配合した「濃いヒゲ」「青ヒゲ」に悩む男性におすすめの髭用抑毛ローションです。

中身が濃いから少量でもしっかり!

髭剃り後の肌に潤いを与えて皮膚を整える、ベタつきも無い使いやすい髭用の抑毛ローションです。

→grow stopper EX の公式サイトへ

③プレミアムアフターシェイブローション
プレミアムアフターシェイブローション

使っていくうちにヒゲが薄く細く柔らかくなり自然に濃い髭が目立たなくなっていくプレミアムアフターシェイブローション。

天然成分でお肌にもやさしいから敏感肌の男性にも安心して使えます!

→プレミアムアフターシェイブローションの公式サイトへ

髭の永久脱毛で濃いヒゲを薄くする方法

髭の永久脱毛

脱毛は脱毛エステ、エステサロン、クリニックで受けることができます。

それぞれにメリットやデメリットがあるのですが、ほとんどの男性の場合は髭を「永久脱毛」したいと考えています。

もちろん面倒なので顔全体の髭を完全に0本にしたいという男性もいるとは思いますが

  • 太い髭(ヒゲ)だけを永久脱毛する
  • 髭の量を少なくするために密集している部分の髭(ヒゲ)を永久脱毛する
  • 頬や首など不要な部分の髭(ヒゲ)は永久脱毛する
  • 鼻下の髭や顎のヒゲの形を整えデザインしてもらう
など、自分がしたい、なりたい状態に髭の量を調整してもらうことが可能です。

髭の永久脱毛のメリット

髭をずっと生えてこないようにするためには、永久脱毛は医療行為に当たるので、医療機関として認められている「クリニック」に行くことをオススメします。

そしてクリニックで永久脱毛を行う際には、通常「レーザー脱毛」で脱毛を行っていきます。

医療用のレーザーを使って照射し、髭の根本から髭を生えてこなくするという方法です。

レーザー脱毛で永久脱毛を行うメリットは、1回約10分程度で済ませることができるのと、何回か通って徐々に薄くなっていくので、好きな濃さや毛の多さでストップすることができます。

髭の永久脱毛のデメリット

反対にデメリットは、何度も通うことが面倒に思う場合は、負担となります。

そしてもう一つのデメリットは、痛みがある場合があるということです。

頬や顎などは大丈夫かもしれませんが、鼻の下は痛いです!

今では、痛みを感じることを少なくするレーザー脱毛の機械を取り入れているクリニックもあるので、絶対痛みを感じるとは言い切れませんが、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みを感じるケースがあります。

何回か通ううちに徐々に痛みを感じることは少なくなっていくのですが、始めの3回ほどは覚悟をしておいたほうがいいでしょう。

髭の永久脱毛の効果について

髭の永久脱毛の場合は、脱毛箇所や満足度によって個人差は出てしまいますが、完了するまでに約1年程度は考えておきましょう。

毛周期に合わせて行うので、1ヵ月に1回の目安で行われることが多いです。

髭脱毛のサロンやエステサロンでヒゲを薄くする方法

そして永久脱毛まではいかなくても、今より髭を薄くしたいだけの場合は、クリニックよりも威力が弱い脱毛機器を扱っている脱毛サロンやエステサロンに行くという方法もあります。

脱毛サロンは威力が弱いので永久脱毛よりは短い周期で通うことができますし、比較的料金も安く設定されていたり、決められた一定額を支払えば何度でも通うことのできるシステムがある所もあります。

また威力が弱いことで、クリニックよりも痛みを感じる度合いも低いですし、時間も同じ10分程度で終わるメリットがあります。

ただ効果を感じるのにクリニックよりも倍近くの時間がかかってしまうというデメリットもあります。

また、きちんと無料カウンセリングを行ってくれるところをオススメします。

髭の脱毛器を使って自宅で自分で処理する方法

脱毛器を使って、自宅で自分で脱毛を行う方法です。

ほとんどの脱毛器に段階が設定されているので、お好みの強さで脱毛を行うことができますし、通う手間がないので、好きな時に好きな箇所をできることが脱毛器最大のメリットになります。

値段も、サロンなどに通う料金と比較すれば格段に安いですし、ネットなどで販売もされているので手軽に手に入ります。

反対にデメリットは、サロンやクリニックに比べると威力が弱いので、満足のいく程度になるまでにかなりの時間がかかると思いますので、根気強く続けることが大切ですね。

そして、安いからラッキーと思ってあまりにも安い脱毛器を購入してしまうと、産毛程度の毛にしか効果の出ない商品もあるので、良い脱毛器を選ぶことも大切です。

髭を抜く方法

髭を抜くメリットは、普段の処理に比べると次に生えてくるまでの時間が長くなることと、剃り残しのないため、チクチクしないので青ヒゲにならなくて済むことです。

しかし、この抜くという方法はデメリットもあり、

  • 肌荒れ
  • 肌が炎症
を起こしてしまうということです。

毛を抜き続ける習慣をつけてしまうと、だんだん毛穴が広くなってきてしまい、そこから汚れやバイ菌が入りやすくなります。

そのため、炎症を起こして肌がボロボロになってくるのです。

そのため髭を抜くという方法はあまりオススメできません。

もう一つのデメリットは、

  • 毛が太くなってしまう
ということ。

抜けば抜くほどだんだん毛が太くなってしまうので、抜いたばかりはツルツルになったとしても、しばらくたてば、以前よりも濃く青ヒゲも目立ってしまうのです。

髭用コンシーラーやファンデーションで濃い髭を隠す方法

コンシーラーと聞くと、女性の化粧品をイメージしてしまう方が多いと思いますが、実は男性の髭用のコンシーラーが販売されているのです。

メリットは青ヒゲが気になる部分にサッと塗るだけで、簡単に隠れてしまうこと。

値段も1500円前後で手に入るので、お財布にも優しいです。

鞄に入れて持ち歩いておけば、気になる時にサッと出して青ヒゲ対策をすることができます。

しかし、コンシーラーはあくまでもその日だけ青ヒゲを「隠す」ものになるので、根本的に青ヒゲを消すことはできませんし、お風呂に入ってしまえば、青ヒゲは元通りになってしまうデメリットもあるので、ずっと青ヒゲに悩まされたくない男性は、別の方法を試してみましょう。

髭の脱毛クリームや除毛クリームを使う方法

髭の脱毛クリームや除毛クリーム

髭の脱毛クリームは、青くなってしまい気になる髭の部分に直接クリームを塗って時間を置き、拭き取ると毛が抜けるというシステムの商品です。

メリットはとても短時間で簡単に髭の処理をすることができるのと、薬局などにも売られていて1000円前後で買えるので料金は断トツだということ。

しかし、脱毛クリームに永久脱毛の効果のあるものは無く、根本的に脱毛することは出来ません。

あくまでも、カミソリやシェーバーで処理する時間や負担が、クリームなら時間を短縮でき、肌を傷めずにできるものということになるので、カミソリやシェーバーで処理するのと変わらない周期でまた髭が生えてきてしまうことがデメリットですね。

その時限りの自宅処理方法になるので、普段は気にならないが、お出かけなどの際だけ、青くなってしまうのを防ぎたいというような方にオススメです。

カミソリできれいに髭をキレイに剃る方法

カミソリは、肌を傷付けやすいと言われたり、青ヒゲになりやすいと言われていますが、きちんと正しい方法でカミソリを使えば、綺麗に髭を剃ることができ、青ヒゲを目立ちにくくできるのです。

カミソリのメリットは、自分で好きな箇所をお手入れできるところ。

髭にはこだわりのある人も多くいるため、残しておきたい場所もあるかと思います。

そんな人には自分で好きなようにお手入れするのが一番合っているので、カミソリはメリットになります。

そして、毎日行うことなので簡単に時間をかけずにできますし、痛みもありません。

そしてデメリットは、完全には青ヒゲを無くすことは出来ないということです。

どれだけ丁寧に正しい方法で髭を剃ったとしても、カミソリは肌から出ている毛しか剃ることができないため、完全に青ヒゲを無くせることはありません。

少しでも青ヒゲを目立たなくする正しいカミソリの使い方は、まず泡タイプのシェービングフォームを使用すること。

剃る前に蒸しタオルなどで毛穴を開かせて、剃り残しがないようにしておきます。

そして、夜に剃ってしまうと髭は朝の6時から10時に伸びやすくなるため、意味がなくなります。

そのため朝の10時以降に剃ることがベストです。

ただ、サラリーマンの場合は10時以降に剃るなんて難しいですよね!

それと、ヒゲが濃い人や伸びるのが早い人は朝キレイにい剃っても夕方にはどうしてもダメですよね!

シェーバーできれいに髭を剃る

シェーバーを使う方法は、自分で自宅で出来、カミソリよりも使いやすく、簡単にできるというメリットがありますが、深くまで剃れず仕上がりも青くなってしまいがちです。

シェーバーの刃も消耗品になるのでコストもかかってしまいますし、カミソリと同様肌から出ている毛しか処理できないため、青ヒゲを隠すことは出来ないというデメリットの方が多いですね。

また、髭の濃い人には、シェーバーで綺麗に髭を剃ったとしても、青ヒゲは目立ってしまいます。

さまざまな方法のメリットとデメリットをご紹介しました。

自分に合いそうな方法はありましたでしょうか。

どんなものにもメリットデメリットがある訳ですが、自分の髭の濃さや量などによって方法も変わってくると思うので、一つの方法を試してみてダメだった場合でも、諦めずに次の方法を試すなどしてみてください。

髭が濃い原因とは?ヒゲを濃くしてしまうNG行動

髭が濃い原因

髭が濃くて悩んでいたり、剃った後などに青くなってしまうのが嫌だったりする男性の多くが、自分で髭を濃くしてしまっているということが分かっています。

そのNG行動に気付かずに生活を続けていると、悪化してしまう恐れがあるので、早めに気付き改善していきましょう!

いくつか髭を濃くしてしまうNG行動をご紹介します。

髭と食生活との関係

普段何気なく摂っている食事ですが、そこに髭を濃くしてしまっている原因があるのです。

それは、肉中心の食生活をしていること。

普段から、肉ばかりを食べてしまっている人は、男性ホルモンが分泌しやすくなってしまうので結果的に髭や体毛が濃くなっているのです。

肉を避けてください!とまでは言いませんが、野菜中心の食生活にすることを心がけてみましょう。

食生活は髭だけではなく、健康にも影響の出るものなので、しっかりバランス良く食べることが大切です。

髭と喫煙との関係

喫煙することで、たくさんの有害物質が体内に入ってしまいます。

そうすると男性ホルモンが分泌されて体内にきた有害物質を、体外に排出しようとするのです。

結果、男性ホルモンが分泌されることから髭が濃くなってしまい、同様に喫煙する人の周りにいる人たちも、タバコの煙から皮膚を守ろうとする働きが起こるため、髭が濃くなってしまう場合もあるのです。

自分だけではなく、周りにも被害を及ぼしてしまうくらいの有害物質がタバコには含まれています。

髭が濃いことに悩みがあるならば、一度禁煙も頭に入れておきましょう。

髭を間違った剃り方でお手入れしている

特に、カミソリやシェービングを使って髭を剃っている男性なのですが、毛の生えている方向と逆に逆らって剃ってしまっていると、肌に負担をかけてしまい、続けるうちに髭が濃くなってきてしまいます。

ひどい時には、出血や肌荒れにも繋がってしまうので、きちんと泡やジェルを塗り優しく正しい方向に向かって剃っていきましょう。

そのまま髭を剃っている

先程も少しお伝えしましたが、シェービングフォームやシェービングジェルは必ずつけるようにしましょう。

これらをつけることによって、

  • 髭を柔らかくする
  • 刃の滑りを良くしてくれる
という効果が現れます。

何もつけずにそのまま髭をそってしまうと、大きな負担が肌にかかってしまうため、髭が濃くなりやすいですし、ザラザラした感触になってきてしまいます。

シェービングフォームやシェービングジェルは、大きく負担を軽減してくれる役割があるので、必ずつけるように心がけてくださいね。

髭を抜く癖がある

髭をピンセットなどで抜いてお手入れしている場合、どんどん毛穴が広がってきてしまいます。

その結果、次に生えてくる毛は太くしっかりとした毛が生えてくるので、繰り返しているうちにどんどん濃く抜けにくい髭になってしまうのです。

抜いたばかりは、ツルツルになるので、ついつい髭のお手入れは抜くことにしてしまう人が多いですが、肌にはかなりの負担がかかってしまうので、抜くのはやめておきましょう!

次第に肌も黒ずんできてしまうので棟注意です!

髭とは関係ないものだと思い込んでいた意外な行動が、髭を濃くしている原因だったと思います。

これらのNG行動をしっかり頭に入れておけば、うっかりしてしまうことも少なくなると思うので、習慣になってしまっている人は改善していきましょう。

髭が濃い人と薄い人の違いは?

髭が濃い人もいれば、薄い人もいます。

一体その人たちの違いは何なのでしょうか?

もちろん遺伝も関係あると思いますが、それだけではありません。

実は髭が濃い人は「男性ホルモン」がたくさん分泌されている人なのです。

中でも「テストステロン」というホルモンが深く関係しており、骨格や筋肉などの男性らしい体つきを作り出すのも、このテストステロンの役目なのです。

テストステロンは、遺伝を除けば、生活習慣によって個人差が出てくると言われているため、食生活が乱れていたり、寝不足や不眠が続きストレスがたまっていくような男性は、ホルモンバランスが崩れるので、髭が濃くなるようです。

また、性行為や精力増強剤の服用を頻繁に行っている男性ほど、男性ホルモンは増えてくるので、頭に入れておきましょう。

女性から見た髭が濃い男性のイメージや印象とは?

髭が濃くて悩んでいる男性や、青ヒゲになってしまって悩んでいる男性はたくさんいますが、果たして女性は濃い髭の男性のことをどう思っているのでしょうか?

実は女性は男性が悩んでいるほど、髭のことを気にしない人が多いことが分かっています。

女性の好みや性格にもよりますが、

  • 「今までヒゲの濃い男性は苦手でしたが、好きになった人がヒゲが濃かったので大丈夫になりました。」
  • 「似合っていればどちらでもいい」
という女性が多いです。

しかし、ボサボサのお手入れされていない髭は苦手な女性が多いようで、濃さや量の多さはそこまで重視されていません。

しかし中には

  • 「髭は不衛生にみえるので、生やして欲しくない」
  • 「チクチクするので嫌だ」
  • 並び項目
などの意見もあり、難しいところですね。

パートナーがいる男性の場合は、さりげなく聞いてみて相手の好みに合わせるのも一つの手ですね!

まとめ

いかがでしたか?

髭が濃くて悩みを持っている男性は、増えてきています。

しかし様々な商品でのケアや、クリニックなどでの脱毛も主流になってきているので、恥ずかしがる必要は全くありません。

気になる場合は自分に合う方法を色々試しながら、効果の実感できるものを探していきましょう。

最初のコメントをしよう

必須