布団の正しい干し方!意外に知らないポイントとは?

布団の干し方

今回は意外に知らない正しい布団の干し方についてのポイントや注意点を紹介していきます。

毎日寝ている布団。

毎日人は寝ている間にコップ1杯の汗をかくといいますよね。

その為、「湿気をためないために布団はこまめに干す」のがいいことはわかっていますよね!

でも布団を干す時間帯は何時頃がいいのか?曇りでもいいのか?など、ちょっとした疑問もありますよね。

また天気や季節でどうしても布団を干せないときもありますよね!

では、布団はどう干すのがいいのかダニとの関係もあわせて詳しく確認していきましょう。

布団はどのくらいの時間に干せばいいの?

布団、天気のいい日はなるべく長く干しておきたいですよね。

私も朝から天気がよさそうな時には日が当たり始めた時からベランダに布団を出し、そろそろ日差しが弱くなってきたかなと思う頃まで思いっきり布団を干していました。

でもこれってあまり布団にはよくないってことでした。

布団を干す時間帯

  • 夏なら10時~12時くらい
  • 乾燥する冬でも10時~13時くらい

がベスト。

それ以上干すと、逆に布団に湿気がたまってしまうので注意してくださいね!

布団は湿気がたまってしまうとダニの温床になってしまいます。

そのため雨の次の日も布団を干すのはさけましょう。

曇りの日は布団を干さない方がいい?

洗濯物は、雨さえ降っていなければ曇りでも外に干しておけば乾きますよね。

布団も、洗濯物と同じように曇りでも干せると思っていませんか?

確かに曇りの日でも湿気を飛ばしてくれそうです。

曇りの日は湿気を吸いやすい!

布団は洗濯物と違って湿気を吸いやすいんです!

その為、曇りの日でも雨でなければと干してしまうと、逆に空気中の湿気を吸ってじめじめとしてしまうことも。

そうなると、ダニやカビの温床になってしまうことになるのです。

布団を干すのは、カラッと晴れた日にした方がいいですよ。

今どきの布団干しは叩かない!?

布団干しといえば、たっぷりの日差しで干した後は、

布団たたきで「パン、パンッ」と両面をしっかりと叩いて取り込むイメージですよね。

叩くことで布団の中にいたダニやほこりを追い出しているだと私も以前は力いっぱいほこりが出なくなるまで叩いていました。

布団を叩かない方がいい理由!

布団は叩くことが良いと思っている人が多いのですが

実は布団叩きって、

  • ダニに対して逆効果になる
  • 布団を傷める原因になる

ということなんです。

布団を干した後に布団をたたくと、

布団の中に潜んでいるダニの死がいなどが粉砕され、より布団の中に入っていってしまいます。

因みに布団をたたくと出てくるホコリは布団の中身がほどけて出てきているものなんです。

掃除機を利用!

布団を干した後どうしたらいいのかというと、

わが家では掃除機を使っています!

布団を干した後に掃除機をかけると、布団の表面にいるダニやダニの糞や死がいなどが吸い取れるんです。

これ、布団が干せなくても1週間に1回くらい掃除機をかけるだけでもずいぶん違うんですよ。

もしかしたら子供が夜寝るときになるとくしゃみをしたりするのは案外ダニのせいかもしれません。

布団が干せない日でも、布団に掃除機、試してみてください。

もちろん布団に掃除機をかけるときには表だけではなく裏もしっかりとかけますよ。

布団の材質・素材によって干す回数は変わる?

晴れている日が続けば毎日でも干してフッカフカの布団で気持ちよく眠りたいですよね。

でも、布団の材質によってはあまりたくさん干さなくてもいいんです。

わが家の布団は綿布団なので、晴れていれば1週間に2回は干したいところです。

でも、羽毛布団や羊毛布団は、1ヶ月に1~2回くらい干せば十分なんです。

あまり干してしまうと、質が低下してしまうようですよ。

まとめ

布団は晴れの日に思いっきり干してしっかりと叩いてからしまうというイメージがありましたが、実際にやってみると干してもいい日や時間など、意外と細かいんですね。

特に、布団をたたいてはいけないということには驚きでした。

これからは布団を長持ちさせるためにきちんと守っていきたいですね。

最初のコメントをしよう

必須